Newsletter

Subscribe for 10% off your 1st purchase | ニュースレターへのご登録で、10%割引

    Image Alt

    フランスのエピファニーとガレットデロワ

    フランスのエピファニーとガレットデロワ

    フランスの有名パティスリーがこぞって日本進出をしている現在、エピファニー(公現祭)という言葉になじみはなくても、ガレットデロワというお菓子は日本でも少しずつ認知されてきているのではないだろうか。

     

    クリスマス、大晦日とフランスのパーティーシーズンが終わり、ようやく重いご馳走を食べすぎた自分を反省しようと思っていると、エピファニーがやってくる。

     

    エピファニーとは、神の子イエス・キリストの誕生を知り、東方から三博士がはるばる来拝し、その前に幼子イエスが姿を見せた日をお祝いするもの。ギリシャ語起源の言葉で、ギリシャの神を祝う日だったものが、キリスト教に取り入れられた。

     

    エピファニーの日はクリスマスから12日後、1月6日というのが一般的だ。比較的最近のことだが、エピファニーが国民の祝日でない国ではクリスマスから2回目の日曜日、つまり元旦から数えて初めての日曜日に祝う、ということがカトリック教会では決められ、フランスでは今年は1月2日だった。とはいえ、やはり一般的には6日に祝う人が多い。クリスマスの飾りもこの日までは残される。

     

    エピファニーにつきものなのがガレットデロワ、王様のケーキと呼ばれるもの。

    地方によってブリオッシュだったり、バリエーションはいろいろとあるが、一般的なのが、パイ生地の中にアーモンドを使ったフランジパンというペーストを入れたもの。美しいグラサージュのかかった、サクサクしたパイと、濃厚なアーモンドクリームの組み合わせは病みつきになる美味しさだ。中にはフェーブと呼ばれる陶製のチャームがひとつ入っており、これに当たった人は王または女王と呼ばれ、紙で作った王冠を被る。そしてパートナーを一人選んで王冠をあげるので、学校などでやると非常に盛り上がる。

     

    「ガレット」とはまた、フランスでは新年会の通称でもある。会社や組織ではガレットと共に集まって、新年の所信表明をしたり、軽く飲んだりする。

    この新年につきものの行事も、今年はオミクロン株の流行のため公の場では中止が勧告されている。

    ガレット写真 On Cuisine サイトより
    https://www.oncuisine.fr/331-recette-galette-des-rois-a-la-frangipane.html

    コメントを残す

    X
    []
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。