Newsletter

Subscribe for 10% off your 1st purchase | ニュースレターへのご登録で、10%割引

    Image Alt

    フランスのヴァレンタインと愛

    フランスのヴァレンタインと愛

     

    愛の国と謳われるフランス。

    フランスのヴァレンタインとはどんな感じだろう。

    フランスでは、「女性が思いを伝える日」あるいは「チョコレートを贈る日」ではなく、双方平等に思いを伝えあう日、あるいは確認しあう日だ。

    だがもちろん女性のほうが優位に立つことが多いフランスでは、男性のほうがプレゼントや花を買いに走ることが多い。

     

    イギリスにいたときは、男性が前もってブーケを予約して、相手の職場に届けるということも多く、花屋さんは大忙しだった。うらやましい、なんて思うのは早い。フローリストの友人に聞いたところによると、一人の男性が妻と恋人、両方に送るケースが非常に多いとか。そしてミセス何とかでないほうの女性、つまり恋人のほうへの予算がいつだって高いのだとか。

     

    フランスに話が戻ると、この日にはレストランで食事をするカップルが非常に多い。レストランではヴァレンタイン特別メニューが創られ、普段よりさらにグレードアップしたディナーコースが恋人たちの夜をロマンティックに演出する。

     

    いわゆる日本のような「告白」はあるのかというと、ヴァレンタインの日に限ってはそんな展開もあるかもしれない。

    だが一般的にフランスでは、どちらかが「好きです。付き合ってください」なんて言ってお付き合いが始まることは少なそうだ。職場や友人の集まりなど、何かのきっかけで知り合い、何度か一緒にデートして、いつの間にか付き合いが始まっていたという人が多い。結婚するカップルが多くないフランスでは、同棲がお付き合いの次の大きなステップとなり、この段階で子供をもって家族になっても全く不自然でない。そしてたとえ子供がいても、カップルの間の「愛」が薄れたら一緒に居続ける理由とならないのもフランス。両親はさっさと別れて次のパートナーを見つけ、子供は双方の親の間を行き来する。

    フランスではカップルの間の「愛」とはいつだって、アクティブで真剣勝負なのだ。

     

     

    大倉アーツがパリから送るヴァレンタインコレクションこちらからお楽しみください。

     

    コメントを残す

    X
    []
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。