Newsletter

Subscribe for 10% off your 1st purchase | ニュースレターへのご登録で、10%割引

    Image Alt

    Nicolas Ruelle

    画家 | フランス

    情報

    世界中で展示経験
    グループ展歴

    ニコラ・リュエル

    アーティストとしての軌跡

    文学と芸術を学んだ後、ニコラ・リュエルはまず音楽で自分を表現し、特にフランスのテレビで作曲家として活動した。もっと自由で創造的な空間を持ちたいという欲求の中で、絵を描くことは自然な流れだった。動き、リズム、空間、光を通して、彼の音楽的ビジョンを具現化させることができたからだ。

    作品

    「抽象化された風景は、私が目を向けたいと願う神秘的な領域です。私は絵画を通して、物質、影、光の間のどこかにある、自然の要素と精神が出会う自由な空間を探し求めているのです。余分なものを取り除き、厳格な表現から解放されて本質に向かうことで、キャンバスは私たちの記憶や感情を共有できる秘密の場所、共通の瞑想的な風景となるのです。」Nicolas Ruelle

    そのスタイル

    形作られた素材から始め、彼の最初のジェスチャーはエネルギッシュで非常に自発的なものだ。

    ナイフやヘラを使い、時には工事現場で使うような道具も使って描く。

    この制作の最初の段階では、静寂の中から引き裂かれたいくつかの音がメロディーのように、素材から光を浮かび上がらせることを目指す。

    ブラシは、より瞑想的な第二段階で、フォルムを柔らかくし、この光を拡散させるために使用される。自然やその要素、動き、自由への探求など、自身の主要なテーマにアプローチする非常に彼らしい動作だ。

    自己の中に入りこみ、エネルギーを引き出し、そのエネルギーと世界との均衡を保とうと全精力を注ぐ。

     

    抽象的な風景を描くことで、彼は叙情的な息吹を表現することに成功している。生きているものすべてに耳を傾け、彼の作品は確かに現実からインスピレーションを受けながらも、私たちが抱くあらゆる感情や想像力が響き渡らせている。 それは自然と、自分の内なる内なる世界を結ぶ架け橋とも言える。

    精力的な活動

    2008年以降、ニコラ・リュエルの作品は、パリのカレ・リヴ・ゴーシュやコート・ダジュールのギャラリーで展示され、その後、フランス、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグで展覧会が開催された。彼の絵画は現在、次々と国際的に収集されている。

    プロフィール

    個展歴

    2016 “Vents lointains” / Côté Sud Expo 遠い風 – ラ・ロッシュ・シュール・ヨン、 フランス

    2015

    • “Parcours “/ Groupe Y  – ニオール、フランス
    • “Other Lands” / C.I.E.M. – パリ、フランス

    2014 “A la source “/ ギャラリーリトル・ファン・ゴッホ  – ブリュッセル、ベルギー

    2011

    • “Transversal journey”/ ギャラリー Art Génération  – パリ、フランス
    • “Paysages insolites” /オープンアートギャラリー – ディジョン、フランス

    2009 “Fugitive Visions “/ 文化センター – コロンブ、フランス

    2008 “Illusions” / Espace Kdesign パリ、フランス

    グループ展歴

    2019 “Pélagie” / Galerie – イル・デュ・ユー、フランス

    2016

    • M2 / Galerie – シャラン、フランス
    • 第9回 Mesulin’art / Nef Théodelin – ヴーヴァン、フランス

    2014

    • グラン・マルシェ・コンテンポラリー / M.I.N. ナント、フランス
    • グラン・マルシェ・コンテンポラリー・アート/ バスティーユ   パリ、フランス

    2013

    • Art Home グラン・マルシェ・コンテンポラリー /ギャラリー – ボルドー、フランス
    • グラン・マルシェ・コンテンポラリー・アート/バスティーユ  パリ、フランス

    2012 グラン・マルシェ・コンテンポラリー・アート/バスティーユ   パリ、フランス

    2010 Zee Art / Gallery – ストラスブール、フランス

    2009 Art Génération / Galerie – パリ、フランス

    2008

    Artwist / Galerie パリ、フランス

    Carré Rive Gauche  / ザビエル 二コラ ギャラリー-  パリ、フランス

    メディア掲載

    2019 Gabrielle Gauthier / rédactrice en chef “Arts Magazine” et “Artistes” «Les captivantes «symphonies» de Nicolas Ruelle»

    2018

    • Georges Festa / auteur, chercheur et traducteur «Inner World»
    • Georges Festa / auteur, chercheur et traducteur «Je me souviens»

    2011 Sophie Van Vlierberghe / Le Bien public «Les paysages insolites de Nicolas Ruelle»

    X
    []