ニュースレター | Newsletter

Enter email below and get 10% discount on your 1st purchase ! | ニュースレターへのご登録で、初回お買い物時に10%割引となるコードプレゼント中

    Image Alt

    Léo Litha

    コラージュ アーティスト | フランス

    情報

    世界中で展示経験
    グループ展歴

    レオ・リタ

     

    「プリュマージュ(羽毛)はプリュム(羽)から成り立っているが、コラージュはコル(糊)から成り立っているわけではない。」

    ―マックス・エルンスト 画家、コラージスト

     

    フランス北部で生まれ、今もその地で活動を続けるレオ・リタは、シューレアリストのムーブメントに感銘を受け、その正当な継承者と言えるだろう。

    作品

    マックス・エルンストやメティスに多くのインスピレーションを受けているが、彼の芸術には詩や演劇、彫刻への憧憬も複雑に絡み合っている。

     

    若い頃から演劇活動に深く関わったレオ・リタは、脚本を書いたり、戯曲を監督したり、子供たちに演劇を指導したり、教育活動にも携わり、パトリック・ルプチやロラン・ドウセなどの詩人と交流を重ね、シューレアリズムの種を内に育ててきた。彼が積み重ねてきたアーティスティックな世界観をコラージュによって本格的に表現しだしたのは15年ほど前のことだ。

    それ以来、驚くほどのスピードで制作を重ね、一目で彼のものとわかるようなスタイルを作り上げている。

    彼の作品には鳥や手、唇や目などが頻繁に登場するが、素材となるイメージは、新旧ミックスされたものだ。偶然の出会いを尊び、自分の望むイメージをデジタルで作り出すことは決してしない。出会い、インスピレーションを受けた素材を自分の手で、丁寧にはさみを使って切り取り、組合わせていくという、マニュアルな作業に徹している。

    レオ・リタは次のように語る。

     

    「コラージュはゆっくりと形を整え、最終的な形に到達する。

    偶発的に見つけた素材画像との出会いがすべての始まりだ。

    それをじっくりと選び、並べる。

    そして、熟成の時間が訪れると、私が正しいと信じるもの、感情、内なる美学を満たすまで、視線、選択、切断、構築する時間がやってくる。

    用いるものは紙、のり、はさみから始まるが、後は自らの目、手、そして脳に全てをゆだねる。

    何も見せつけることなく、見せる。

    何も押し付けることなく、提案する。

    作品は、それを見る人を通してこそ存在するのだ。」

    プロフィール

    個展歴

    2019「Les mains blanches de la mémoire」アンドレ・ブルトン館 – サン・シル・ラ・ポピー、フランス

     

    2016

    コラージュ展/Orpheu Gallery – リエージュ、ベルギー

    コラージュ – 「Il n’y a pas d’alternative 」 アート&リサーチオフィス – QSP Galerie – ルべ、フランス

     

    2015 セバストポール / ラ・ブーランジェリー – リール、フランス

     

    2013

    Expo Leo / Kili Gallery – ブリュッセル、ベルギー

    「Je suis d’accord avec Max」 Estaminet de la fontaine – ヴェルリンガム、フランス

    グループ展歴

    2020 Léo Litha / Retroavangarda – ワルシャワ、ポーランド

    2015 Expo Ballias / Atelier Ballias – セランス、フランス

    X
    []